2占い師の日常 盛り塩のお話し 星と野ばら

もりじおのお話し 占い師の日常

盛り塩の効果

盛り塩は、魔よけや、お清め、開運などの意味があり、お家や、ご家族、ご自身の、悪い気を取り払い、気を浄化し、良い気を取り入れる効果があります。

最近、あなたの周りで不幸や、悪い事が続く、家族も、あなた自分自身も体調が優れないなど、そう実感されているなら、ぜひお家の中に盛り塩を置いてみましょう。

盛り塩の場所

盛り塩を置く場所は、お家の東西南北、鬼門と裏鬼門、玄関に置きます。

特に鬼門と裏鬼門、玄関は、魔よけや浄化など、盛り塩の効果が発揮される場所なので、そこから置いてみましょう。

盛り塩の捨て方

盛り塩の処分の方法は、トイレや台所で水に流して処分する方もいますが、水周りで処分すると、「周り」という言葉の通り、盛り塩が吸い取ってくれていた悪い気が、また周って戻って来るので、水周りで処分するのはやめましょう。

盛り塩の処分方法は、普段の燃えるゴミと一緒に処分して頂ければ、問題ありません。

占い師と盛り塩

盛り塩は占い師にとって、必ず行う必要があると私は思います。

占い師は、仕事の性質上、相談者の方から負の感情や想いを頂きやすい仕事です。

在宅で電話占いをされいる占い師さんは勿論、対面で占いをされていても、お家に、負の感情を持ち帰って来ることも多々あり、お家の中には負の感情が渦巻いている状態になります。

その為、お家にいるだけで気が滅入ってしまったり、疲労が取れなかったりすることもあり、最悪心を病んでしまったりします。

占い師であれば、お家に持ち帰って来た、この負の感情を浄化をする必要があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました